MENU

ただ今の当社の優秀協力会社さん
全国で136社    2021.10.12

スピード応対の理由

1. 全国に協力会社さんがあります。いずれの会社さんもスピード生産が可能です。枚数は問いません。申し付けられた数量を2日内納品いたします。


2. 営業、工場ともに連絡は携帯電話だけです。お客様への返電は1分内、お客様に呼ばれたら営業は60分内にお伺いいたします。当日受注、翌日納品を前提に工場は稼働しています。


3. 環状7号線沿いの荒川の鹿浜橋のたもとにある本社工場(足立区)は絶好の立地条件です。

全国納品できます

箱・シート・単価表

王子段ボールニュース

2021.10.28

フォークリフトが納車されました。安全運転を心がけてまいります。(配送係 加藤進一)

2021.10.21

営業部10月売上が3,864万円で月売上新記録が出ました。従来の記録は2020年11月の3,646万円でした。(営業部 鈴木)

2021.10.12

【都道府県別優秀協力会社さん地図】優秀協力会社さん136社。2021年7月より5社増えました。 千葉県+1、静岡県+2、奈良県+1、兵庫県+1。協力会社がある県33。ゼロ県14。(管理課 菅原)

2021.09.01

「王子段ボールはベンチャーである」宣言をしました。 ベンチャーとは「新しい技術、新しいアイデアを提案し、お客様の期待を超える感動サービスを提供する会社」です。一例が、見積り提出時にお客様からの指示の無い形状見本を自発的につくって持参するといったプラスαの行動です。昔話の「王子段ボールは創業73年」を一生懸命唱えるのはマイナス効果しかありません。(渡辺)

2021.07.06

本社3Fに全社員が揃い2020.5.21~2021.5.20の決算報告会(写真)を開きました。 66期売上は3億5,827万円。前年比99.4%でした。(総務課 長谷)

2021.06.18

物流会社様より注文がありドリンクボトル用のケースと仕切りを段ボールシートで製作致しました。ボトルを入れる本数に合わせてケースを作成します。(営業部 東)

2021.05.17

中途採用が2人加わり営業部員は計9人になりました。(採用担当 菅原)

2020.11.24

営業部11月売上が3,646万円で月売上新記録が出ました。従来の記録は19年6月の3,483万円でした。(営業部 伊藤)

2020.07.03

耕文社4Fに耕文社・王子段ボールの社員が揃い、2019.5.21~2020.5.20の決算報告会を開きました。王子65期売上は3億6,044万円。前年比11.8%増でした。(営業部 伊藤)

2020.06.18

夏季のツールとして段ボールでうちわ(写真)を作りました。新規・既存のお客様にお配りしています。(営業1課 高桑)

2020.04.30

協力会社・仕入れ会社さんへの支払いを5月から1日短縮しました。20日締め当月末日振込。(総務課 大林)

2020.03.19

会社前の自動販売機側面のポスターを貼り替えました(写真)。新しく左下へ単価表を入れました。写真右側は環七通り。(管理課 幡野)

2018.04.18

お客様から当社営業(46)の携帯に「片面段ボールを急ぎで明日欲しい」と連絡があった。「今日使う分も無い」というお客様の悲鳴に、営業は各方面走り回り1時間後の 12:00 に製品をお届けしました。お客様は「早すぎる」と呆気にとられていました。(渡辺)

2017.07.04

6. 27 発行の「板紙・段ボール新聞」に1月に購入した最新製函機が掲載されました。新機導入で製箱能力が 3 倍 に向上したこと、高難度な製箱ができるようになったこと、少数精鋭であることが紹介されました。(渡辺)

2017.06.30

鹿浜第一小学校の3年生96人が社会科見学に訪れました。会社を挙げて歓迎し、製函と梱包を丁寧に説明しました。小学生たちは(写真)大きな機械と最新の技術に目を輝かせていました(写真)。(製函課 岩田)